モノトーン系で暗くなりがちなのでアクセントカラーを取り入れて

冬のレディースファッションアイテムは、どうしても黒やグレーといったモノトーン系が増えてしまいます。店舗に並んでいる服も、落ち着いた色が多い傾向があります。モノトーンカラーの服は大人っぽく見えるのは良い点ですが、どうしても見た目が暗くなりがちです。ただでさえ空が暗い季節なので、ファッションだけでも明るく見せたいものです。 パッと華やかになるコツとして、明るいカラーの小物やアクセサリーをワンポイント取り入れると良いでしょう。赤やイエロー、ロイヤルブルーなどのアイテムはアクセントになります。赤いシューズやオレンジのマフラー、ミント色のイヤリングなどを合わせることで一気に華やぎます。冬のおしゃれはアクセントカラーの小物使いで、テンションを上げていきましょう。

着太りしないようにスッキリ感を見せましょう

寒い冬はセーターにタイツ、さらにダウンジャケットに厚手のマフラーなど着こみがちです。そうすると痩せた人でも太って見えてしまうことがあります。着太りしないように気を付けたいものです。冬ファッションもスッキリ見せるコツとして、全体にメリハリを付けることが大切です。例えばトップスのニットはボトムスにインすることで、ウエストが細く締まって見えるでしょう。 袖丈を7部のアイテムにすると、手首部分が見えてそれだけで細く見えます。厚手のセーターも、Vネックを選べば細見えするはずです。縦長のバランスを意識して、ジャケットはロング丈を合わせてみるのもひとつの手です。ほかにもロングヘアをアップスタイルにするなどの工夫も、着太りを防ぐ方法と言えます。タートルネックのときは、アップヘアがおすすめです。